監視制御システム開発・マイコン応用機器ファームウェア開発|マイクロ・データ株式会社

HOME > 事業案内 > 開発ポリシー

マイクロ・データは、すべてのソフトウェア開発に於いて、常に新しい技術の開発と可能性を追求します。エネルギッシュなパワーにより、システム開発において生じる問題と戦い続けております。

近年の監視制御システムは、高品質かつ多機能となり開発規模は膨らむばかりですが、他に先駆けて新製品を提供することが求められているため、開発期間は短縮される傾向にあります。この相反する命題を解決する道はシステム開発での技術力向上に委ねられています。

常に時代に即した技術力を蓄える事が私たちマイクロ・データの使命です。

マイクロ・データのシステム開発、2つの核

システムエンジニアリングからシステムの運用・保守まで、コンピュータに関わるあらゆる領域に渡った事業展開をいたします。

マイクロ・データの基本的戦略は

まずは、これまで扱った監視制御システムのノウハウを更に高め、ユーザの要望に応えることにあります。
監視制御と言っても下水道や火力発電所のシステムという公共性の高いシステム開発が主体ですので、私たちの生活を支えるシステムとして、より優れたソフトで、しかもコストパフォーマンスの高いシステム開発に重点をおいていきたいと思います。

やがては道路標示制御システムや信号の制御システムなどが、もっと合理的な監視制御システムとなるよう開発していきたいと思います。
人々に役立つシステムづくりが出来る誇りを持って、更に技術力を高め、新しい可能性を追求することが基本的な戦略です。